2007年05月08日

パート 雇用保険

パートの雇用保険についてです。


パートタイマーにも雇用保険の適用が拡大されました。

雇用保険というのは、民間企業につとめる労働者を対象に、
失業した場合の給付を行ったり、就職を促進するための
職業訓練を行ったりすることを目的につくられています。

パートタイマーについては、従来は、週33時間以上働く
人だけがこの雇用保険の対象とされ(正社員と同様の規定が適用)、きびしい制約がありました。

平成元年10月から、この労働時間の制限が大幅に緩和され、
新たに「短時間労働被保険者」として位置づけられて、
短時間パートにも雇用保険の適用がなされることになりました(
6条1号の2)。

したがって、現在では、パートで1週間に30時間以上働いている人は一般労働者と同じ雇用保険の規定が適用され、1週間に30時間未満働く短時間パートについては「短時間労働被保険者」という
特別な枠の扱いで雇用保険が適用されています
(ただし、季節雇用や1年未満の短期雇用は除く)。

もっとも、この「短時間労働被保険者」の対象となるのは、
1週間に20時間以上30時間未満働く者で、しかも年収90万円以上の者に限られますのでご注意ください。

posted by 幸せ保険 at 08:59| パート 雇用保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。