2007年05月09日

任意継続被保険者について

任意継続被保険者について


任意継続被保険者とは、会社を辞める前に加入していた健康保険組合を、自分の意思で継続した加入者のことです。

任意継続は、会社を辞める前に2カ月以上健康保険に加入していた人に適用されます。

その場合、保険料は全額本人が負担します。

健康保険料は通常は会社と個人が折半で負担していますから、保険料は2倍になります。

退職から最大で2年間、新しく入社した会社で別の健康保険に加入するまでは継続されます。

会社を辞めたあと、国民健康保険に加入する人もいますが、任意継続と比較して安い保険料を選択する人が多いようです。


★保険料について
   
● 事業主負担はありませんので、上記式による金額を全額納めていただくことになります。

● 保険料の納付期限は毎月10日(例 4月分は4月10日まで)です。納付期限までに納めていただかなければ、その翌日に被保険者資格を喪失することになります。

また、初回保険料についても健康保険組合が指定する日までに納めて頂けなければ任意継続被保険者にならなかったものとみなされますので、ご注意ください。
なお、一定期間分(年度単位)を一括前納することもできます。

[ご注意]
保険料を一括前納にしている方が国民健康保険等への加入切換えや、どなたかの健康保険の被扶養者の認定を受けたいと思われても、被用者保険である任意継続被保険者の資格が優先されます。
前納希望にあたっては、十分ご注意ください。

 
★被保険者資格の喪失について
 
●次のいずれかに該当するときは被保険者資格を喪失します。
@任意継続被保険者になってから2年を経過したとき。
A保険料を納付期限までに納入しなかったとき。
B新たに健康保険の被保険者となったとき。
C死亡したとき。
 
★手続
● 資格喪失後(退職後)20日以内に健康保険組合に「任意継続被保険者資格取得申請書」を提出します。

 
※注意 提出期限及び納付期限については必ずお守りください。
 

posted by 幸せ保険 at 09:49| 任意継続被保険者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。